TOTOサニテクノの生産拠点

TOTOサニテクノの生産拠点は、中津、小倉、滋賀、愛知の国内4工場です。

TOTOグループの衛生陶器生産拠点

海外におけるTOTOグループの衛生陶器生産拠点は、アジアから北米にかけて8の国と地域に展開しています。さらに、ベトナムやタイには新工場を建設し、アジア・オセアニア地域を世界の供給基地として、生産体制の充実化を図っています。
TOTOグループでは、中期経営計画「TOTO WILL 2022」の中で「世界中にTOTOファンを増やしていく」ことを目指しています。TOTOサニテクノでも、日本で培ってきた生産技術のノウハウを活かし、技術支援や人材交流をつうじてグローバルに事業を展開しています。